変わりたいと強く願う看護師へ

現在の自分の状況、自分自身のことに満足していないのなら、今いる場所。今いる環境をすっかり変えてしまうのが有効です。もっと成長したい。今よりもっと成長したいと思っているのなら、慣れで生活している現在の環境をまるごと変えてしまうのが一番有効です。
確かに変わること、変えることはひどくストレスを感じてしまうはずです。
その変わった環境が以前よりもっと多くのことを求められるとしたらなおさらそうです。。以前と何が違うのか。なぜ今の環境が違うのか考える必要があるでしょう。
でもその前に、今現在看護師として働いている今の職場から転職して、その先の職場でさらに自分を高めることができる場所で働きましょう。もちろん成長できるかということだけではありません。職場を選ぶうえで大切なのは人間関係が円滑かどうか。プライベートは確保できるのか。それを前もって調べておくことです。看護師はチーム作業。できるだけスムーズに仕事に取り掛かることができるかどうかはとても重要です。


○看護師として転職する前にしっかりと相談、調査を進める○

転職サイトにはそれぞれ専属のアドバイザーがついてくれることがあります。
その専属のアドバイザーは看護師のこと、働く病院や医療機関についての知識をしっかりと持っているので、そのアドバイザーに相談することで転職前にしっかりと心配事を無くすことができるでしょう。どれだけ働き始めるまえに心配事を消しておけるかが重要です。
看護師は他の仕事よりも専門性と人間関係の分野が大きな仕事。
同僚とのコミュニケーションが円滑でないと働きづらいです。もしも全然違う地域、関東から大阪に移るときなども地域差によって働きにくい…なんてことを避けておかなくてはなりません。その職場の人間関係はどうなのか、さきにアドバイザーに調べてもらい、できればその場に実際に自分も足を運んでおくことが大切です。
その後の人生に大きな影響を与える転職活動。これに妥協することないように活動を進めてください。


○そこで自分が何をできるか○

その職場に移ったとして、自分が何をできるか。どんな仕事で自分の能力を活用できるのか。そして新たにどんな能力を身につけることができそうなのか。
そのことをあらかじめ知っておくことも大切です。今の自分とは違う自分になりたい。変わりたいと思っているのならなおのこと、努力を進めることが大切です。自分が変わりたいと思っているのはどうしてでしょうか。
もっとお金をたくさん欲しいから? 自分の能力をさらに向上させたいから? 自分の思い通りに物事を進めたいから? 何にしても良いです。とにかく変わりたいと思うことが大切。変わらないで一つの場所にとどまる方が確かに楽です。でもそれではいけません。常に前進しておかないと。

看護師がのぞむもの

人はみな、欲望を持っています。それは年齢性別、職業を問わない全員です。いっそ、人間以外にも欲望があることを知っておくべきです。
欲望には種類があります。ふと思いつく大きな食欲などの生理的欲求以外にも、もっと人とのコミュニケーションで生まれる承認欲求と呼ばれる「認められない」たい、という高度な欲求もあります。
生物はみな。この欲求を満たすために生きていると言っても過言ではありません。それぞれ人によってその欲望、望むものの形は違います。
看護師という超専門職につく人たちはどんな思いを、どんな願いを欲しているのでしょう。


看護師は人に尽くすもの

コミュニケーションに他の業種より強く特化している看護師という職業柄、人に強い関心と思いを持って尽くすことを求められます。
そこには当然強いストレス負荷から避けることができません。当然です。人から求められること、それに応えようとすることには苦しみが発生してしまいます。それをきちんとこなしているだけで気を病んでしまい、東京など関東地方で働いていた看護師が一気に大阪に移ってしまった人もいます。
転職活動などにより環境を変えることで解消する苦しみとそうでないものがありますからそこも悩みどころです。看護師の方なら別の病院や施設に移ることで一気に悩みが霧散することも多いでしょうか、転職を積極的に検討してみてください。


何に喜びを感じるのか

看護師はさきほど言ったように、人に献身的に尽くす仕事です。もしそこにまったく喜びを見出すことができない人なら向いているとは言い難いでしょう。
患者さんと向き合い、患者さんの健康を一心に願い、そして患者さんの喜び、悲しみを自分のもののように感じることができる人ならばきっと看護師として活躍していけるでしょう。うれしい、苦しい、好き、嫌いという感情にはごまかせない自分の個性が出てしまうものです。
もし嫌いな人がいたとしたら、その嫌いな相手に見ているのは、自分の嫌いな部分です。自分の嫌なものを相手に見ているのです。
このような、相手に向かう気持ちには自分が出てしまうものです。看護師という特殊な職業を選ぶに至る人はきっとごまかせない、自分らしさがきっとあるはずです。もし何かに思い悩んで立ち止まってしまっている人は、もう一度自分と向き合って自分の理解を深めてみることです。
そうすればきっと自分にも他人も許すことができるでしょうし、苦しみを和らげる助けになるでしょう。

看護師として働く時間で仕事を選ぶ

看護師の離職や不足問題は、都心部で特に深刻化しているそうです。介護施設などの増加や、病院の数に対して看護師が足りていない問題などから、大阪、東京では、看護師の育成に力を入れるなどの考えも上がっていると言われています。


夜勤専従看護師を探す大阪

大阪など関西地区に多い求人には、介護施設などの夜勤専従看護師なのだそうです。東京では珍しいのですが、宿泊型の介護施設などが増加していることから、夜勤の時間帯のみに働いてくれるナースを求めている場所は案外、多いと言われています。夜勤は非常に体力面の負担が大きいなど嫌われることが多いですが、給与面などの待遇の良さは格段上にあるそうですよ。


休みが多く給与が優遇される条件が多い

夜勤の場合、翌日を休みにするなどの規則があるため看護師として働くには、給与面以外の優遇も多いと言われるそうです。なかなか体力がないと難しい問題にはなりますが、病棟勤務などをこなせる程度であれば、大丈夫という意見もあるそうです。転職の際には、労働時間に注目して仕事を探すという以外に、休みと給与にこだわった探し方などもおすすめです。体力には自信があり、しっかり稼いで休みたい!というナースには非常にピッタリの仕事だと、夜勤専従ナースは言われるそうです。

子供を育てながら看護師を続けたい

現在、子供を育てながら仕事をしている人も多くなってきていますが、その仕事によっては難しいですよね。
看護師は日中だけならいいですが夜勤もありますから、小さな子供を抱えている人は両立させるのが難しいです。
そんな時は、託児所を設けている病院を選ぶのがいいと思いますから、探してみてはどうでしょうか?
誰かに預けてばかりいると子供が可愛そうですから、出来るだけそういった場所を探すようにしてみて。


看護師は日勤のみもある?

実は夜勤をせず日勤のみで構わないところが増えてきているから、家事と両立させることが出来るようになっています。
看護師転職サイトで検索してもらえれば解るのですが、逆に夜勤のみの募集をしているところもあります。
これは、大阪や東京といった場所関係なく募集されているからすごくいいのではないかと思うんですよね。
日勤のみの場所を選べば、安心して子育てが出来るようになるから、ぜひ検索をしてみて下さい。


成長していこう

今のままではなくて、少しでも成長したいと思うのなら研修に参加することをオススメします。
医師の隣でただ仕事をするのではなくて、それを活かして身につけられることは身につけて行った方が、より立派な看護師に近づいていくのではないかと思いますよ。

看護師だって自由な時間が欲しい!

忙しく働いているからこそ、たまには自由な時間が欲しいと思ってしまいますよね。
看護師はなかなか自分の好きな時にお休みをすることが出来ないので、プライベートと両立させることが難しいです。
ですが、近年では少しずつ人が増えてきているから、プライベートも守れるように変わってきているみたいですよ。
プライベートで優先させたいことなども時にはありますから、少々融通の利く場所の方がいいかもしれませんね。


看護師として成長したいから転職をする!

今勤めている職場に不満はないけれど、もう学ぶことが無いからといって新しい職場へ移ってしまう人もいるようです。
看護師として身につけるべき技術を身につけたから、さらに上を目指すために転職している人も少なくないみたい。
今のままでは同じことの繰り返しでやりがいを感じられないと、思っている人がそうなるのでしょうね。
大阪よりも東京の方が医療機器も多いですから、東京で研修を受けるようにした方がたくさん覚えられるかもしれません。


マイカーで通勤をしたい

日中だけの勤務なら電車で通勤するのもいいですが、夜勤だと電車がなくなってしまいますよね。
だからマイカーで通勤したい!と考えている人もいますが、その際には駐車場がどうなっているのか確認をするように。
無料で置き場所を提供してくれるのか、それとも近くで借りなければいけないのか、ちゃんと調べてから利用を。

看護師の相談室がある?

常に人と接する機会が多い職業の人達は、その分ストレスや悩みを抱えやすいのではないでしょうか?
看護師の中にも悩みを抱えている人が多いみたいですから、そういった人はネットで検索すると相談室が出てきます。
それは現役で働いている人達が悩みを投稿して、それに回答してくれる人がいるサイトになっているんですよ。
だから、もしかしたら自分と同じことで悩んでいる人を見つけることも出来ますし、新しく投稿することも出来ます。


看護師で多い悩みは?

一番多い悩みは、やはり人間関係の事なんだそうですよ。
他の看護師達とうまくやっていけない、先輩から嫌がらせをされているとか私たちが思っている以上に、裏はひどいのかもしれませんが、全ての場所がそうと言うわけではないので、あまり不安に思わなくても平気だと思います。
仕事内容はいいのに環境が嫌だという人が多いみたいなので、こちらも少しずつ改善されていけばいいのになって思いますよね。


転職するのもアリ

人間関係でどうにもできなくなってしまった時は、他の場所に変えてしまうのもアリ。
その環境で働くのがつらくなってしまったら、転職をして新しい場塩で看護師の仕事をすればいいだけなので大丈夫。
東京よりも大阪の方が、環境が落ち着いているようなので、東京で働く人の方がタフなのかも?

年齢層を確認してから看護師の面接を

求人サイトでいい場所を見つけた時には、必ずチェックしておきたいポイントに注目するのがいいでしょう。
看護師の転職をする際には、必ずその職場の年齢層について確認しておくことをオススメします。
若い人ばかりいるところも良くないですが、年齢層が高い場所もやり方が出来ていて変化を嫌うため避けるべき。
他にも、どんなことを行なっているのか確認しておきたいですし、どんな医療機器や施設があるのかについても確認を。


看護師の面接で大事なことは?

いざ面接になった時、どんなふうにして振る舞えば相手に好印象を与えることが出来るのでしょうか?
看護師の面接では、はきはきした声で受け答えをはっきりすることが求められますし、経験や技術をアピールすると◎。
志望動機には、今後どのようなことをしていきたいのか明確に書き記すと良いみたいですよ。
最近では、転職サイトに面接対策について書かれていたりするので、ぜひ覗いてみてはどうでしょうか?


求人情報の多さについて

やはり求人情報が一番多いのは、東京となっているからその方面に住んでいる人は見つけやすいかもしれません。
でも、看護師の情報は大阪も負けじと多いので、きっと働きたい場所を見つけることも出来ると思いますよ。

看護師の環境について知りたい

病院の環境はどんな感じなのか、気にしている人も中にはいるのではないでしょうか?
私たちは表側からしかみることが出来ませんが、看護師たちの環境はいいところもあれば悪いところもあるみたいですよ。
派閥とかいじめの無い場所もあれば、そういう事がある場所も中にはあるらしいので、転職時には注意が必要です。
環境について尋ねたとしても本当のことを話すわけがないし、把握していない場合もあるので、自分で様子見をしてみて。


看護師は女性ばかりだから

この世界はまだまだ女性の方が多いので、どうしても妬みを買ったりしやすいみたいです。
看護師は人の為に仕事をしたり健康管理をしたりする立場なのに、裏では誰かを傷つけたりしているなんて嫌ですよね。
出来れば、そういった場所を避けて良い場所を選びたいですが、なかなか難しい事なのではないかと思います。
近年では、少しずつ男性看護師が増えているようなので、少しずつ変わっていってもらえると良いですよね。


どうしてナースと呼ばないの?

なぜ現在はナースと呼ばないのか・・・それは男性が少しずつ増えてきているからなんだそうです。
ナースだと差別用語になってしまうとの事で、看護師と呼ばれるようになってきているようです。
ご年配の人であればある程、ナースと今でも呼んでいる人が多いみたいですが、大阪のほうがそう呼んでいるようなイメージがあるのは自分だけでしょうか?